2016年1月17日日曜日

Milling machine

ブログを移転してすでに半年以上、更新に至らないまま年を越してしまいました。我ながらヒドイ。

明けましておめでとうございます。 

TFA公開前には一本くらい仕上げられるかな~とか密かに思ってましたが ・・・

ライトセーバーの工作は進んでるのか?というとはっきり言って進んでません。

たま~に外にセーバーを持ち出す時、直前に大慌てで組み上げては帰ってきてバラす、

といったことを何回か繰り返した結果、今現在まともに稼働するワーキングセーバーが

一本もないという体たらくなので、むしろ後退してると言って良いくらい。

まったくライトセーバーを作っている気配がないため、知り合いから

「もう辞めたの?飽きた?」とか言われたこともありましたが、別にそういう訳じゃないです。

ここしばらく(数年)は、とにかく工作環境を整えることに注力しておりました。

とりあえずその辺の機械、工具について。


旋盤市場で購入したフライス、「PSF400VDR」です。


旋盤と同じく、価格と重量、サイズのバランスで決めました。

あとはこのクラス(X2と呼ばれる機種)のフライスの致命的な欠点とされる、

コラムの傾斜機能がキャンセルされていること。

この手のホビー用工作機械はどう逆立ちしても業務用には勝てませんが、

色々と手を加えたり周辺工具を作ったりしてやれば、結構良い感じに使えるようになります。


テーブルに固定してあるのは、ヤフオクで購入したJAMの精密バイス。


切削作業というよりは研削盤で使われるタイプのバイスですが、フライス本体の剛性を考えると

このくらいで十分です。結構安く手に入りましたが程度も良く、掘り出し物でした。


XYZ、三軸全てにDRO(デジタルリードアウト)を付けました。


 これもヤフオクで購入。海外のサイトでもたまに売っているのを見かけます。あると非常に便利。

0.01mm単位を一発で読み出す、となるとちょっと厳しいんですが、それでも十分すぎるくらい使えます。

表示部と測定部がセットになってるのもポイント高いです。

各軸の取り付けの様子です。

X軸

Y軸

Z軸
・・・と、こんな感じで取り付けたんですが、X軸(自分から見て横方向)のDROにキリコや油がかかって

ちょっと動作が怪しくなってきたので、最近、取り付け位置をテーブル奥から手前に変更しました。





主軸とテーブルとの平行、直角度の狂いが気になったので、コラムとベースの間に0.01mm~0.1mmの

数種類のスぺーサー(フィラーテープ)をかまして調整してあります。



Z軸、Y軸の摺動面がむき出し状態だったので、ニトリルゴムのシートでカバー。


と、フライス本体はこんな感じで使ってます。


フライス用の刃物も何種類か作りました。

メタルソーアーバー。


φ75、厚み1.0の刃を装着。な~んか径方向に0.05mm強の振れが出るんですが、

Z軸方向の振れはそんなにないのでそのまま使ってます。


φ18と、φ50のフェイスミル。



使用するチップは共通です。こんな自作のホルダーでも、Z軸の切り込みを0.05mm~0.1mm弱くらいにして、

高速回転でサラーッと仕上げると結構きれいな面が得られます。

でもサイズ的にはライトセーバー自体の工作というよりは、機械本体のパーツ、

治具や工具を作る時に使うことの方が多くなりそうです。


それとフライスではありませんが、これ。


バンドソーです。これもヤフオクで、ジャンク品扱いで出てたのを格安でゲット。

 バラしてみたら中のギヤの歯が摩耗して駆動が怪しくなっていたので、メーカーからギヤを取り寄せて交換し、

ノコ刃のスリップ防止のゴムシートを 付けなおしてやったら、ちょっとうるさいけど使えるようになりました。

刃を垂直にしてコンターマシンのようにしても使えるので非常に重宝します。



・・・と、こんな感じで機械が増えました。

そしてフライスが使えるようになったらまずやりたかったこと、・・・それが旋盤の改造です。

なので次回はちょっとリニューアルした旋盤をご紹介したいと思います。